研究者データベースシステム ( お問い合わせは,研究機構・研究支援担当まで )
 
 

研究者情報

 

基本情報

 
研究者名(漢字)
岡部 曜子
 
研究者名(カナ)
オカベ ヨウコ
 
研究者名(ローマ字)
OKABE YOKO
 
 

研究者基礎データ

 

所属部署名

京都産業大学 経営学部
 

職名

教授 
 

出身大学院

1.大阪大学  その他 言語文化研究科 

2.大阪大学  その他 国際公共政策研究科 

全て表示する(2件)

研究分野・キーワード

組織コミュニケーション論、経営情報、ビジネス教育
 

研究テーマ

1.オンライン教育の国際比較 高等教育機関におけるオンライン授業の導入の実態を国際比較によって明らかにし、日本の大学改革における一つの指針を示す。 経営学   2010  

2.MBA教育が経営に与える影響についての国際比較研究 経営がグローバル化する中で、従来の日本的経営が海外のビジネススクールにおけるグローバルスタンダードな経営と融合されていく過程を検討する。
 経営学   1995 2006 

全て表示する(2件)

 

研究者活動データ

 

取得学位名

1.博士(国際公共政策) 大阪大学  

2.修士(言語文化学) 大阪大学  

全て表示する(2件)

学会

1.ビジネスコミュニケーション学会   

2.国際ビジネス研究学会   

3.日本経営学会   

4.組織学会   

全て表示する(4件)

受賞学術賞

テレコム社会科学賞奨励賞 2002年 国内 
 

論文

1. 日本的経営とMBA:米国MBA留学生の意識調査から 京都マネジメントレビュー  第16号、pp.31-46   2009  

2. Language Benefits and Language Costs in Japanese-style Management 京都産業大学(社会科学系列)  第26号・1-25   2009  

3. Compatiblity between ERP and Japnese-style management 人間環境学研究  第6巻1号・79-87   2008  

4. Management Education in Japan Chandos Publishing Co.     2007  

5. The Cost and Benefits of Using Japanese as a Means of Communication in Japanese Companies(単著) 経営学論集  75集・230-231   2005  

6. 日本企業の言語コストと言語ベネフィット―バイリンガル経営の阻害要因の分析を通じて―(単著) 国際ビジネス研究学会年報2005年  101-114   2005  

7. 情報化と内部資源活用型経営:IT・言語・情報モードからの考察(単著) 京都マネジメントレビュー  第5巻、19-34   2004  

8. Japanese Companies and ERP: A Study on Information Technology and Managerial Style(単著) Asia-Pacific Decision Sciences Institute, Proceedings of APDSI 2004      2004  

9. マクドナルドはグローバルか(訳書)(共著) 新曜社     2003  

10. 情報技術と組織変化―情報共有モードの日米比較―(単著) 日本評論社     2001  

11. 英語で経営する時代―日本企業の挑戦―(共著) 有斐閣     2001  

12. 経営者と英語―アンケート調査からの発見事実―(共著) 国民経済雑誌  183巻4号・19-36   2001  

13. 英語で経営する新台湾企業―現地調査レポート―(共著) 財団法人日本在外企業協会・月刊グローバル経営  平成13年4月号・14-17   2001  

14. 韓国企業の国際経営と英語(下)(共著) 世界経済評論  平成13年2月号・53-60   2001  

15. 韓国企業の国際経営と英語(上)(共著) 世界経済評論  平成13年1月号・72-74   2001  

16. 韓国企業の過激な英語戦略(単著) 財団法人日本在外企業協会・月刊グローバル経営  平成12年4月号・20-23   2000  

17. 情報技術と組織の情報共有に関する研究―組織変革のダイナミズム―(単著) 大阪大学大学院国際公共政策研究科博士論文     1999  

18. 情報革命における日米情報共有モードの比較研究(単著) 帝塚山大学学術論集  第3号・53-58   1999  

19. 地域ネットワークの形成過程とダイナミズム―シリコンバレーのケース・スタディ(単著) 帝塚山大学経済学  第6巻・183-198   1999  

20. Electronic Communication Technology and Organizational Culture: How E-mail and Voice-mail are Used at Hewlett-Packard(単著) Proceedings of International Conference of International Telecommunications Society, June 1998, Sweden (Stockholm)     1998  

21. 規制大国日本のジレンマ―改革はいかになされるか―(訳書)(単著) 東洋経済新報社     1996  

全て表示する(21件)

著書

1. 日本的経営とMBA:米国MBA留学生の意識調査から 京都マネジメントレビュー 2009  

2. Language Benefits and Language Costs in Japanese-style Management 京都産業大学(社会科学系列) 2009  

3. Compatiblity between ERP and Japnese-style management 人間環境学研究 2008  

4. Management Education in Japan Chandos Publishing Co. 2007  

5. The Cost and Benefits of Using Japanese as a Means of Communication in Japanese Companies(単著) 経営学論集 2005  

6. 日本企業の言語コストと言語ベネフィット―バイリンガル経営の阻害要因の分析を通じて―(単著) 国際ビジネス研究学会年報2005年 2005  

7. 情報化と内部資源活用型経営:IT・言語・情報モードからの考察(単著) 京都マネジメントレビュー 2004  

8. Japanese Companies and ERP: A Study on Information Technology and Managerial Style(単著) Asia-Pacific Decision Sciences Institute, Proceedings of APDSI 2004  2004  

9. マクドナルドはグローバルか(訳書)(共著) 新曜社 2003  

10. 情報技術と組織変化―情報共有モードの日米比較―(単著) 日本評論社 2001  

11. 英語で経営する時代―日本企業の挑戦―(共著) 有斐閣 2001  

12. 経営者と英語―アンケート調査からの発見事実―(共著) 国民経済雑誌 2001  

13. 英語で経営する新台湾企業―現地調査レポート―(共著) 財団法人日本在外企業協会・月刊グローバル経営 2001  

14. 韓国企業の国際経営と英語(下)(共著) 世界経済評論 2001  

15. 韓国企業の国際経営と英語(上)(共著) 世界経済評論 2001  

16. 韓国企業の過激な英語戦略(単著) 財団法人日本在外企業協会・月刊グローバル経営 2000  

17. 情報技術と組織の情報共有に関する研究―組織変革のダイナミズム―(単著) 大阪大学大学院国際公共政策研究科博士論文 1999  

18. 情報革命における日米情報共有モードの比較研究(単著) 帝塚山大学学術論集 1999  

19. 地域ネットワークの形成過程とダイナミズム―シリコンバレーのケース・スタディ(単著) 帝塚山大学経済学 1999  

20. Electronic Communication Technology and Organizational Culture: How E-mail and Voice-mail are Used at Hewlett-Packard(単著) Proceedings of International Conference of International Telecommunications Society, June 1998, Sweden (Stockholm) 1998  

21. 規制大国日本のジレンマ―改革はいかになされるか―(訳書)(単著) 東洋経済新報社 1996  

全て表示する(21件)

発表(口頭・ポスター)

1.Japanese Companies and ERP: A Study Information Technology and Mangerial Style Asia-Pacific Decision Science Institute Conference 2004   

2.The Cost and Benefits of Using Japanese as a Means of Communication in Japanese Copanies 日本経営学会 2004   

3.日本企業におけるMBA人材の活用:米国MBA留学生の意識調査から 国際ビジネス研究学会 2008   

全て表示する(3件)

業績(受託研究)

1.ビジネス教育が企業の人材育成に果たす役割に関する国際比較研究 2004-2006  

2.IT革命と日本的経営のジレンマ―ERPを中心に― 2002-2004  

全て表示する(2件)