研究者データベースシステム ( お問い合わせは,研究機構・研究支援担当まで )
 
 

研究者情報

 

基本情報

 
研究者名(漢字)
加野 まきみ
 
研究者名(カナ)
カノ マキミ
 
研究者名(ローマ字)
KANO MAKIMI
 
 

研究者基礎データ

 

研究職歴

2002-2007: 文化女子大学室蘭短期大学 教養学科(2005年よりコミュニティ総合学科) 講師

2007-2010: 京都産業大学 文化学部 講師
2010-現在: 京都産業大学 文化学部 准教授
 

所属部署名

文化学部
 

職名

准教授 
 

出身大学院

1.大阪大学 大阪大学大学院 言語文化研究科 言語文化研究科 

2.大阪大学 大阪大学大学院 言語文化研究科 言語文化研究科 

全て表示する(2件)

出身学校

1.その他 ファーマン大学 人文学部  

2.関西外国語大学 関西外国語大学 外国語学部 外国語学部 

全て表示する(2件)

研究分野・キーワード

借用語 コーパス 辞書学 英語化過程 定着過程 同義語の使い分け メタファー 多読学習
 

研究テーマ

1.新聞アーカイブ・コーパスを用いた英語語義・語法研究手法の検討から研究実施まで  英語学   2011 2014 

2.コーパスを用いたメタファー研究     2006 2009 

3.英字新聞アーカイブを用いた通時的語彙研究の可能性:方法論確立から研究実施まで  英語学   2007 2010 

4.コーパスに基づく語彙研究—新語彙の定着過程と既存語彙体系に与える影響の解明—  英語学   2003 2005 

全て表示する(4件)

 

研究者活動データ

 

取得学位名

1.博士(言語文化学) 大阪大学  

2.修士(言語文化学) 大阪大学  

全て表示する(2件)

学会

1.全国語学教育学会 (JALT)   

2.大学英語教育学会 (JACET)   

3.日本英文学会   

4.英語コーパス学会   

全て表示する(4件)

受賞学術賞

1.私立大学情報教育協会 奨励賞 2010 国内 

2.英語コーパス学会 奨励賞 2006 国内 

全て表示する(2件)

論文

1. The complexities of digital storytelling: Factors affecting performance, production, and project completion.
 Proceedings of the International Conferences on e-Learning 2016 Gobel, P., & Kano, M.   174-178 2016 07 

2. 英語能力の効率的な向上のための多読用学習ソフトウェア 平成28年度 ICT利用による教育改善研究発表会 資料集 ロブ・トーマス,加野まきみ   p70-73 2016 201608 

3. デジタル・ストーリーテリング・プロジェクトの複雑性:
取り組みや作品の完成度,満足度に影響する要因とは?

 京都産業大学 総合学術研究所所報 加野 まきみ・ゴーベル ピーター  11 45-54 2016 201607 

4. 多読学習用リーダー・コーパス構築と分析: 学習者が感じる「難しさ」の解明へ向けて 京都産業大学論集 人文科学系列 加野 まきみ  49 183-200 2016 201603 

5. Revealing factors affecting learners’ sense of “difficulty” in extensive reading through reader corpora Procedia-Social and Behavioral Sciences  Makimi Kano 198  211-217 2015  

6. Mobile Natives: Japanese University Students’ Use of Digital Technology Computer-Assisted Language Learning: Learners, Teachers and Tools Peter Gobel and Makimi Kano   21-46 2014  

7. Japanese Teachers’ Use of Technology at the University Level Attitudes to Technology in ESL/EFL Pedagogy Peter Gobel & Makimi Kano   36ー52 2014  

8. Effective extensive reading outside the classroom: A large-scale experiment Reading in a Foreign Language Thomas Robb and Makimi Kano 25 2 234–247 2013 201310 

9. 京都産業大学における教員のICT利用実態
ーアンケート調査と結果分析ー
 高等教育フォーラム 加野まきみ,ゴーベル・ピーター 4  53-65 2014  

10.10.1080/09588221.2013.864314 Implementing a year-long reading while listening program for Japanese University EFL students Computer Assisted Language Learning Gobel, P. & Kano, M. 27 4 279-293 2014 201312 

11. モバイルネイティブ:京都産業大学における学生のICT利用実態 京都産業大学総合学術研究所所報 加野まきみ,ゴーベル・ピーター 8  1-19 2013  

12. 授業時間外の学習時間の増大による英語力の向上 大学教育と情報 ロブ・トーマス,加野まきみ 2012 4 17-19 2013  

13. The Implementation of a Reading while Listening Program for Japanese EFL Students. T. Amiel & B. Wilson (Eds.), Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications 2012  Gobel, P. & Kano, M.   2256-2261 2012  

14. Implementing a Year-long Reading While Listening Program for Japanese University EFL Students. Proceedings of the Fifteenth International CALL Conference Gobel, P. & Kano, M.   247-252 2012  

15. RWL(聞きながら読む)学習法の有効性について : 京都産業大学文化学部初年次英語教育におけるプログラム実施とその効果 京都産業大学総合学術研究所所報 加野まきみ,ゴーベル・ピーター 7  1-11 2012  

16. Implementing a Large-scale Reading While Listening Program for University EFL Students Proceedings of World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education Gobel, P. & Kano, M.   1224-1229 2011  

17. MoodleReader利用した授業時間外の学習時間の増大による英語力の向上 ICT活用教育方法研究 ロブ・トーマス,加野まきみ 13  6-10 2010  

18. Global War on Terror” 以降のterrorの語法・意味の変化: 新聞アーカイブ・コーパスにおける使用実態調査  『言語研究』  138  67-97 2010  

19. 日本語からの借用語再考(2) —The Times Digital Archiveを用いた低頻度語の調査 文化女子大学室蘭短期大学研究紀要  31  34-50 2008  

20. TIME における日本語再考 —創刊 (1923 年) から現在まで 文化女子大学室蘭短期大学研究紀要  30  2-24 2007  

21. Magnate and Tycoon: A Case of Rivalry between Existing Vocabulary and Newer Loanwords as Seen in OED2 and BNC English Corpora under Japanese Eyes: JAECS Anthology Commemorating its 10th Anniversary, Rodopi    93−113 2004  

22. Coexisting Patterns of Existing Vocabulary with Newer Loanwords in British English: A Study of Synonyms Focusing on Japanese and German Loanwords in BNC 『英語コーパス研究』  12  1-17 2005  

23. 言語接触のダイナミクス: 借用語の英語化過程と既存語彙に与える影響 ―英語における日本語とドイツ語からの借用語を中心に― 文化女子大学室蘭短期大学研究紀要  28  54-70 2005  

24. 英語における借用語の意味変化 ―メタファーに見る借用語の語法・認知度・イメージ― メタファー研究の方法と射程,大阪大学大学院 言語文化研究科 共同研究プロジェクト    39-46 2004  

25. 既存語彙と借用語の使い分け―magnateとtycoonの場合― 『英語コーパス研究』  10  25-40 2003  

26. 英語における日本語・ドイツ語からの借用語 文化女子大学室蘭短期大学研究紀要  26  45-58 2003  

27. 借用語の意味と使用されるコンテクストについて 自然言語への理論的アプローチ ―意味編― 大阪大学大学院言語文化研究科共同研究プロジェクト    34-45 2002  

28. The Naturalization Process of Japanese Loanwords as Reflected in English Dictionaries ―The Four-Stage Hypothesis and Associated Problems― Max Niemeyer Verlag    293−303 2000  

29. TIME ・The Times における日本語からの借用語 『英語コーパス研究』  5  63-79 1998  

30. OED2 on CD-ROMを用いた言語研究 ―日本語からの借用語の英語化過程の解明と検証― 国立国語研究所    4-12 1997  

31. OED の中の日本語からの借用語の特徴-OED2 on CD-ROM を使った研究- 「英語コーパス研究」  3   105-118 1996  

全て表示する(31件)

著書

1. 英語コーパスを活用した言語研究 大修館書店 2016 201603 

2. ジーニアス英和辞典 第5版 大修館 2014  

3. Express Ahead 金星堂 2015  

4. 英語教師のための授業で役立つコーパス利用ガイド 大修館書店 2014 201404 

5. Live Listening 金星堂 2013  

6. プログレッシブ英和中辞典 小学館 2012  

7. コーパスを活用した認知言語学 大修館 2010  

8. On Air: Listen and Communicate 金星堂 2010  

9. Lexical Borrowing and its Impact on English ひつじ書房 2006  

10. Dynamics of Language Contact: Assimilation Process of New Loanwords and Impact on the Existing Lexical System with Special Reference to Japanese and German Loanwords in English 大阪大学大学院 言語文化研究科 2004  

11. The Naturalization Process of Japanese Loanwords in English
 大阪大学大学院 言語文化研究科 1997  

全て表示する(11件)

発表(口頭・ポスター)

1.The complexities of digital storytelling: Factors affecting performance, production, and project completion.  International Conferences on e-Learning 2016 2016 07 口頭発表 

2.The complexities of digital storytelling: Factors affecting performance, production, and project completion 17th Ineternational CALL Research Conference 2015 2015 07 口頭発表 

3. Analyzing reader corpora: Possible factors affecting learners’ sense of “difficulty” in extensive reading GloCALL 2015 11 口頭発表 

4.The complexities of digital storytelling: Factors affecting performance and production GloCALL 2015 11 口頭発表 

5.The Complexities of Digital Storytelling: Factors affecting performance, production, and project completion 10th International Conference on e-Learning 2016 07 口頭発表 

6.Revealing factors affecting learners’ sense of “difficulty” in extensive reading through reader corpora. The 7th International Conference on Corpus Linguistics: Current Work in Corpus Linguistics 2015 03 口頭発表 

7.多読学習において学習者が感じる「難しさ」の解明—リーダー・コーパス作成と分析 英語コーパス学会第40回大会 2014 10 口頭発表 

8.The History Behind MReader: The Evolution of the KSU ER Program The Second World Congress in Extensive Reading 2013 09 口頭発表 

9.Student attitudes towards computer-mediated extensive reading/listening homework using the Moodle CMS GloCALL  2013 11 口頭発表 

10.Student and Teacher Use of Technology at the University Level CELDA 2013 10 口頭発表 

11.英語になった日本語 コーパスで探ることばの変化 言語文化レトリック研究会 2013 3 口頭発表 

12.Student and Teacher Use of Technology at the University Level.  Ming Chuan University International Conference 2013 3 口頭発表 

13.Teachers’ Use of Technology at the University Level The Globalization and Localization in Computer-Assisted Language Learning (GLoCALL) Conference 2012  口頭発表 

14.Implementing a Year-long Reading While Listening Program for Japanese University EFL Students  ICALL 2012  口頭発表 

15.Implementing a Year-long Reading While Listening Program for Japanese University EFL Students EdMedia 2012  口頭発表 

16.What Does A Heart Do? Metaphorical Use of “Heart” and its Japanese Equivalent “Kokoro” The Third International Sketch Engine Workshop 2012  口頭発表 

17.Digital Natives or Mobile Natives? The Globalization and Localization in Computer-Assisted Language Learning (GLoCALL) Conference 2011  口頭発表 

18.Implementing a Large-scale Reading While Listening Program for University EFL Students Elearn 2011  口頭発表 

19.Research on the New Usages and Meanings of “Terror” and Comparison with its Japanese Equivalent Word, using BNC, ukWac, and JpWac on SketchEngine The Second International Sketch Engine Workshop 2011  口頭発表 

20.MoodleReader, a module for extensive reading quizzes 第3回ムードル・ムート高知2011 2011  口頭発表 

21.Statistical Proof that ER Really Works! JALT2010全国大会 2010  口頭発表 

22.学生の授業時間外の英語学習時間の増大と英語力の向上 ICT利用による教育改善研究発表会 2010  口頭発表 

23.The Effect of MoodleReader on Reading Proficiency at Kyoto Sangyo THE ERJ SEMINAR 2010 2010  口頭発表 

24.terror vs. terrorism:コーパス・新聞アーカイブにおける使用実態の変遷 第11回JACET英語辞書研究会主催ワークショップ 2010  口頭発表 

25.学生の授業時間外の英語学習時間の増大と英語力の向上 ICT利用による教育改善研究発表会 2010  口頭発表 

26.The Effect of MoodleReader on Reading Proficiency at Kyoto Sangyo University THE ERJ SEMINAR 2010 2010  口頭発表 

27.The Moodle Reader Module for Extensive Reading ムードル・ムート函館2010 2010  口頭発表 

28.既存語彙と借用語の使い分け —BNC にみる競合する語彙の分布— 英語コーパス学会第 21 回大会 2003  口頭発表 

29.既存語と借用語の使い分け —OED2, BNC に見る同義語の使用実態と傾向—  大阪大学言語文化学会第 23 回大会 2002  口頭発表 

30.The Naturalization Process of Japanese Loanwords as Reflected in English Dictionaries —The Four Stage Hypothesis and Associated Problems— The 9th International Symposium on Lexicography, the University of Copenhagen 1998  口頭発表 

31.最近の英語辞書に見られる日本語からの新しい借用語の特徴 —辞書の記述と実際の用法の ずれ— JACET 英語辞書研究会ワークショップ 1997  口頭発表 

32.英語新聞・雑誌における日本語からの借用語の使用について —コーパスを利用して初めて分かる実際の用法—  英語コーパス学会第 10 回大会 1997  口頭発表 

33.OED2 on CD-ROM を用いた言語研究 —日本語からの借用語の英語化過程の解明と検証—  国立国語研究所第 5 回国際シンポジウム 「言語研究と世界のシソーラス」第 1 専門部会 1997  口頭発表 

34.日本語からの借用語の特徴 —OED CD-ROM を使って— 英語コーパス研究会第 6 回大会シンポジウム  1995  口頭発表 

全て表示する(34件)