研究者データベースシステム ( お問い合わせは,研究機構・研究支援担当まで )
 
 

研究者情報

 

基本情報

 
研究者名(漢字)
戸田 五郎
 
研究者名(カナ)
トダ ゴロウ
 
研究者名(ローマ字)
TODA GORO
 
メールアドレス(問合せ用)
gtoda@cc.kyoto-su.ac.jp
 
 

研究者基礎データ

 

研究職歴

1987-1988:京都大学法学部助手
1988-1990:姫路獨協大学法学部助手
1990-1998:姫路獨協大学法学部助教授
1998-1999:姫路獨協大学法学部教授
1999-:京都産業大学法学部教授
 

所属部署名

京都産業大学 法学部
 

職名

教授 
 

出身大学院

京都大学  法学研究科  
 

出身学校

京都大学  法学部  
 

研究分野・キーワード

国際人権法
 

研究テーマ

1.欧州庇護政策     2001  

2.緊急事態における人権の保護     1985  

3.人権条約の実施政策  国際法学   1992  

全て表示する(3件)

 

研究者活動データ

 

取得学位名

法学修士 京都大学  
 

学会

1.International Law Association   

2.国際人権法学会 理事 2007~2015 

3.世界法学会   

4.国際法学会 編集委員 2016~ 

全て表示する(4件)

論文

1. 欧州司法裁判所と欧州人権裁判所の並存と相互関係-庇護事例の検討を中心として- 産大法学 戸田五郎 50 1・2 87-110  201701 

2. コメント:国際人権法と国家公務員の政治的自由-国家公務員法違反事件をもとに-(社会保険庁職員国家公務員法違反被告事件・最高裁第2小法廷2012(平成24)年12月7日判決) 国際人権 戸田五郎  25 58-61  201410 

3. EUにおける国際的保護 法律時報 戸田五郎 86 11 29-34  201410 

4. 在留特別許可における「児童の最善の利益」の考慮 新・判例解説Watch 戸田五郎  14 331 2014 201404 

5. 校長の職務命令に従わなかったことを理由とする懲戒処分の一部が違法とされた事例 法学セミナー増刊 新・判例解説Watch【2012年10月】 戸田五郎  11 319-322 2012 201210 

6. 建造物侵入・窃盗と表現の自由 ジュリスト臨時増刊 平成23年度重要判例解説 戸田五郎   295-296 2012 201204 

7. 国際人権法からの視点 法律時報増刊『国公法事件上告審と最高裁判所』 戸田五郎   163-170 2011 201112 

8. ダブリン規則の適用事案に関する欧州人権条約違反認定--M.S.S.対ベルギー・ギリシャ事件 国際人権 戸田五郎  22 177-179 2011 201110 

9. 原告適格--南西アフリカ事件 国際法判例百選 第2版 戸田五郎   198-199 2011 201109 

10. 欧州人権裁判所の欧州事件条約解釈再考--仮保全措置の拘束力に関する判断を素材として 芹田・戸波・棟居・薬師寺・坂元(編集代表)『講座国際人権法4 国際人権法の実施措置』(信山社) 戸田五郎   293-314 2011 201103 

11. 書評:申惠丰著『人権条約の現代的展開』(信山社,2009 年) 国際人権 戸田五郎 /21,137 21 137-138 2010 201010 

12. ビラのポスティングと表現の自由--国際人権基準に照らした覚書 法律時報 戸田五郎  9 13-16 2010 201008 

13. 平和的生存権の具体的権利性 法学セミナー増刊 速報判例解説 戸田五郎  5 227-230 2009 200910 

14. 児童の権利と退去強制 法学セミナー増刊 速報判例解説 戸田五郎  3 223-226 2008 200810 

15. 自由権規約の適用と自由権規約委員会の「一般的意見」の参照 法学セミナー増刊 速報判例解説 戸田五郎  2 255-258 2008 200804 

16. 国の安全を理由とする追放とノン・ルフールマン――アルゼリー対スウェーデン事件(自由権規約委員会2006年12月25日見解) 国際人権 戸田五郎  19 179-181 2008 200810 

17. 条約17条と人身の自由・裁判を受ける権利、裁判を受ける権利の保障の及ばない「公務員」の範囲 戸波・北村・建石・小畑・江島(編)『ヨーロッパ人権裁判所の判例』 戸田五郎   167-171, 270-274 2008 200809 

18. 欧州庇護政策の現状と課題 世界法年報 戸田五郎  27 17-42 2008 200810 

19. 欧州人権条約第六条における「民事上の権利義務」の解釈にかかわる欧州人権裁判所判例の検討-公務員の雇用等をめぐる紛争への適用を中心として- 産大法学 戸田五郎 40 3/4 473-515 2007 200703 

20. 戦後補償に関する主権免除法の適用と政治問題の法理 国際人権 戸田五郎 /17,139 17 139-142 2006 200610 

21. 表現の自由とその制約-国際法の視点から- 国際人権 戸田五郎  17 34-39 2006 200610 

22. 武力紛争と人権-武力紛争と公正な裁判を受ける権利の保障:国際人権法からのアプローチ 姫路獨協大学「戦争と平和」研究会(編)『戦争と平和を考える』(嵯峨野書院) 戸田五郎   235-250 2006 200609 

23. 非国家機関による迫害と難民の保護-英国判例と欧州人権条約を素材として- 浅田正彦(編)『二一世紀国際法の課題』(有信堂) 戸田五郎   171-196 2006 200607 

24. 欧州人権条約と軍法会議の独立性・公平性-英国軍法会議に関する欧州人権裁判所の判例を素材として- 産大法学 戸田五郎 38 3/4 210-238 2005 200502 

25. 書評:滝澤美佐子著『国際人権基準の法的性格』 国際人権 戸田五郎  15 118-119 2004 200410 

26. 1503手続他12項目 『コンサイス法律学用語辞典』(三省堂) 戸田五郎    2003 200312 

27. 紹介:寺谷広司著『国際人権の逸脱可能性 緊急事態が照らす法・国家・個人』 国際法外交雑誌 戸田五郎 102 3 189-194 2003 200311 

28. 緊急事態と刑事手続の公正-人権条約のderogation条項を主な素材として- 産大法学 戸田五郎 35 3/4 1-27 2002 200202 

29. 欧州庇護政策に関する覚書 藤田久一・松井芳郎・坂元茂樹(編)『人権法と人道法の新世紀』(東信堂) 戸田五郎   197-223 2001 200111 

30. 欧州人権裁判所による欧州人権条約の解釈-欧州共通標準の模索- 国際人権 戸田五郎  11 16-20 2000 200009 

31. 国家の合意による個人への権利付与-ダンチッヒ裁判所の管轄権事件 国際法判例百選 戸田五郎   32-33 2001 200104 

32. 尹秀吉事件、リューディック事件、大麻取締法違反事件、サンデー・タイムズ事件、(第2版:トゥーネン事件・グッドウィン事件追加) 田畑・竹本・松井(編集代表)『判例国際法』(東信堂) 戸田五郎   230-234, 301-306, 334-336 2000(第2版:2006) 200010 

33. 紹介:阿部浩己著『人権の国際化-国際人権法の挑戦』 国際法外交雑誌 戸田五郎 99 1 104-107 2000 200004 

34. 英国出入国管理法制の最近の動向 京都産業大学論集社会科学系列 戸田五郎  17 77-97 2000 200003 

35. 欧州の多国間人権政策に関する試論--少数者保護を拠り所として-- 姫路法学 戸田五郎  23/24 357-397 1998 199803 

36. テポドン 法学教室 戸田五郎  218 2-3 1998 199811 

37. 難民、犯罪人引渡 香西・竹本・坂元(編著)『プラクティス国際法』(東信堂) 戸田五郎   99-104 1998 199808 

38. ドイツにおける人権条約の国内的実施 『人権諸条約の国内的実施に関する実証的研究』平成7年度〜平成9年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))研究成果報告書 戸田五郎   27-47 1998 199803 

39. On the Inplementation Policy of the European Convention on Human Rights Himeji International Forum of Law and Politics Goro Toda  3 63-94 1997 199705 

40. ローデシア問題、麻薬単一条約 国際法学会(編)『国際関係法辞典』(三省堂) 戸田五郎    1995 199508 

41. 英国の出入国管理法制と外国人労働者問題 国際環境研究会『外国人労働者法制の比較研究--出入国管理法制と外国人への労働法・社会保障法の適用』関西電力委託研究報告書 戸田五郎   115-155 1995 199503 

42. 尹秀吉事件 太寿堂・高林・山手・香西・竹本・安藤(編集代表)『セミナー国際法』 戸田五郎   123-126 1992 199207 

43. ヨーロッパ人権条約とトルコの地位--ヨーロッパ人権条約第25条に基づくトルコの宣言及びその有効性に関するヨーロッパ人権委員会の判断を素材として-- 国際法外交雑誌 戸田五郎 91 5 32-78 1992 199212 

44. 書評:A. Cassese, "Human Rights in a Changing World" 国際人権 戸田五郎  2 86-87 1991 199106 

45. ヨーロッパ人権条約におけるトルコの地位--条約第25条に基づくトルコの宣言を契機に-- 姫路法学 戸田五郎  7 57-92 1991 199101 

46. 「公正な裁判を受ける権利」条項の適用--「エンゲル事件」をめぐる--試論 姫路法学 戸田五郎  2 145-166 1989 198901 

47. 人権法と人道法の交錯--覚書き-- 京都大学大学院法学研究科院生論集 戸田五郎  16 1-21 1987 198712 

48. 人権諸条約のderogation条項(一),(二・完) 法学論叢 戸田五郎 117巻6号 pp. 39-60, 119巻1号 pp. 47-65   1985-1986 198604 

全て表示する(48件)

著書

1. 国際関係〔全訂版〕(共著) 世界思想社 2014 201411 

2. ワンステップ国際法(共著) 嵯峨野書院 2011  

3. 国際紛争と国際法(共著) 嵯峨野書院 2008  

4. 講義国際組織入門(共著) 不磨書房 2003  

5. 講義国際法入門(共著) 嵯峨野書院 2001  

6. 図説国際法(共著) 有斐閣 1998  

7. 国際関係(共著) 世界思想社 1993  

全て表示する(7件)

発表(口頭・ポスター)

1.コメント:国際人権法と国家公務員の政治的自由-国家公務員法違反事件をもとに-(社会保険庁職員国家公務員法違反被告事件・最高裁第 2 小法廷 2012(平成 24)年 12 月 7 日判決) 国際人権法学会第25回(2013年度)研究大会 2013 11 口頭発表 

2.ヨーロッパ人権条約とトルコの地位 国際法学会 1992 10 口頭発表 

3.地域庇護政策の課題-欧州庇護政策を素材として- 世界法学会 2007 05 口頭発表 

4.表現の自由とその制約-国際法の観点から 国際人権法学会 2005 11 口頭発表 

5.欧州人権裁判所による欧州人権条約の解釈−「欧州共通標準」の模索− 国際人権法学会 1999 11 口頭発表 

全て表示する(5件)

業績(受託研究)

1.「ヨーロッパ地域における人権(基本権)規範のハーモナイゼーションとその限界」平成20年度~平成22年度科学研究費補助金(基盤研究(A))代表:小畑郁 2008-2010 受託研究等 

2.「人権諸条約の国内的実施に関する実証的研究」平成7年度〜平成9年度科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))代表:村上正直 1995-1997 受託研究等 

全て表示する(2件)