研究者データベースシステム ( お問い合わせは,研究機構・研究支援担当まで )
 
 

研究者情報

 

基本情報

 
研究者名(漢字)
加茂 知幸
 
研究者名(カナ)
カモ トモユキ
 
研究者名(ローマ字)
KAMO TOMOYUKI
 
 

研究者基礎データ

 

研究職歴

2010-2011 カリフォルニア大学バークレー校客員研究員
 

所属部署名

京都産業大学 経済学部
 

職名

教授 
 

出身大学院

同志社大学  経済学研究科  
 

出身学校

同志社大学  経済学部  
 

研究分野・キーワード

理論経済学、数理経済学、一般均衡理論、ゲーム理論、社会選択理論
 

研究テーマ

1.非対称情報下でのリスク・シェアリングの研究  理論経済学   2009  

2.社会選択理論における無差別推移性についての研究  理論経済学   2013  

全て表示する(2件)

 

研究者活動データ

 

取得学位名

経済学修士 同志社大学  
 

学会

日本経済学会   
 

論文

1. 代数によるアローの定理の別証明 大阪学院大学 経済論集 入谷純、加茂知幸 第29巻 第1・2号 1-15 2016年  

2.10.1016/j.jmateco.2016.01.001 Arrovian Social Choice with Psychological Thresholds Journal of Mathematical Economics Tomoyuki Kamo and Ryo-Ichi Nagahisa Volume 63  pp.93-99 March 2016  

3. Veroer and tie-making group theorems for indifference-transitive aggregation rules. Social Choice and Welfare Jun Iritani, Tomoyuki Kamo, and Ryo-ichi Nagahisa 40 1 155-171 2013  

4. 非循環値社会的厚生関数の諸性質 国民経済雑誌 入谷純、加茂知幸 201巻4号   2010  

全て表示する(4件)

著書

1.9784492314715 <サピエンティア>経済数学 東洋経済新報社 2016年 201605 

2.978-4-641-16463-5 ゲーム理論ワークブック 有斐閣 2015年 201512 

3. 森嶋通夫著作集:需要理論 岩波書店 2004年  

全て表示する(3件)

発表(口頭・ポスター)

1.Core Convergence with Differential Information 京都大学経済学研究所ミクロ経済学・ゲーム理論研究会 2011 12 口頭発表 

2.Arrovian Social Choice with Psychological Thresholds 福山大学経済学研究会 2015 03 口頭発表 

3.Arrovian Social Choice with Psychological Thresholds 一橋大学経済理論ワークショップ 2015 03 口頭発表 

4.Arrovian Social Choice with Psychological Thresholds The 12th Meeting of the Society for Social Choice and Welfare 2014 06 口頭発表 

全て表示する(4件)