研究者データベースシステム ( お問い合わせは,研究機構・研究支援担当まで )
 
 

研究者情報

 

基本情報

 
研究者名(漢字)
加藤 啓子
 
研究者名(カナ)
カトウ ケイコ
 
研究者名(ローマ字)
KATO KEIKO
 
メールアドレス(問合せ用)
kato@cc.kyoto-su.ac.jp
 
性別
 
 

研究者基礎データ

 

研究職歴

平成3年4月 日本学術振興会特別研究員(3-389A)
平成5年4月 大阪大学医学部研究生
平成5年5月 大阪大学医学部助手
平成6年4月 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科助手
平成6年8月 カリフォルニア工科大学(ヒューマンフロンティア) visiting associate (Scott Fraser)
平成8年8月 奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科助手
平成14年12月—現在 理化学研究所脳科学総合研究センター非常勤研究員(兼業)
平成16年4月—平成22年3月 大阪府立大学大学院・農学生命科学研究科・獣医学専攻・准教授
平成18年6−9月 ノースカロライナ州立大学・獣医大学, Visiting associate (Natasha,Olby)
平成22年4月-現在 京都産業大学・総合生命科学部・動物生命医科学科・教授
 

所属部署名

京都産業大学 総合生命科学部
 

職名

教授  
 

ホームページURL

http://www.cc.kyoto-su.ac.jp/~kato/Home_J.html/Welcome.html 
 

出身大学院

1.大阪府立大学 大阪府立大学 農学研究科  

2.大阪大学 大阪大学 医学研究科  

全て表示する(2件)

出身学校

大阪府立大学 大阪府立大学 農学部  
 

研究分野・キーワード

神経科学、糖鎖生物学,実験動物学,獣医学
 

研究テーマ

1.3. 神経精神疾患と回路依存性脂質代謝調節機構の解明 食餌として日々取り入れている油脂の組成が違うと,脳の情動記憶を変えてしまうことを証明した。また,うつや不安障害(シアル酸転移酵素(ST3Gal4)欠損マウス)を持つと,油脂の効果が変わることも示すことができた。以上の知見は,食餌を介した脂質代謝が情動記憶に影響すること,さらには,シアル酸修飾を介することで,脂質代謝が変化し,その変化が神経障害に発展する可能性を提案する。今後,この代謝付加による情動行動システムの解明を目指して,研究を進めて行く。 神経化学・神経薬理学 実験動物学 代謝学 2010  

2.2. シアル酸修飾が制御する精神神経疾患発症機構の解明 てんかん患者の30%が,睡眠障害,うつ,不安障害を含む神経精神障害を示し,薬剤の副作用がその原因のひとつと考えられているが,そのメカニズムは不明である。一方で,シアル酸転移酵素(ST3Gal4)を欠損したマウスは,てんかん発症を消失した副作用として,睡眠障害,うつ,不安障害を発症するマウスであった。これは,ST3Gal4を欠失したマウスがてんかん発症と,うつや不安障害といった神経症状の分子基盤の解明に役立つモデルとなることを示す。本研究では,シアル酸修飾を受ける基質を探索し,シアル酸化がどのようにてんかんや,その併存症や副作用(情動系障害)に関わるのかについて研究を進めている。 神経化学・神経薬理学 構造生物化学 実験動物学 1997  

3.1.てんかん~うつ・不安障害に至る分子発症メカニズムの解明 難治てんかんの50%を占める側頭葉てんかんのモデルマウスである扁桃体キンリングマウスを用いることで,2つのてんかん原因分子を見つけた。
  その一つである成長ホルモンは,脳内で発現し,てんかん発症の閾値を決定することを見つけた。一方で,脳成長ホルモンは,Arc(シナプス活性の強化に作用)の発現調節を介して過活動—低活動を制御することがわかった。さらに,20種のシアル酸転移酵素のひとつ, ST3Gal4が側頭葉てんかんの原因分子であることを見つけた。それは,ST3Gal4を欠失したマウスが,扁桃体(情動中枢)へのてんかん誘導刺激に応答しない,てんかんを発症しないマウスであることを証明した。今後さらに,てんかん発症に関わるシアル酸転移酵素とArcを含む成長ホルモンシグナル系の発現機構や,相互関連性等,これら分子によるてんかん発症機構の解明を目指す。 神経解剖学・神経病理学 実験動物学 基礎獣医学・基礎畜産学 1997  

全て表示する(3件)

 

研究者活動データ

 

委員歴・役員歴

日本糖質学会会員 (平成17年度より評議委員)
日本神経化学会会員(平成23年度より評議委員)
関西実験動物研究会評議委員(平成26年度より)
実験動物医学専門医認定(平成27年度より)
 

取得学位名

1.獣医学修士 大阪府立大学 大阪府立大学 

2.医学博士 大阪大学 大阪大学 

全て表示する(2件)

学会

1.日本解剖学会   

2.日本実験動物学会   

3.日本獣医学会   

4.日本生化学会   

5.日本神経科学会会員   

6.American Association for the Advancement of Science (AAAS)   

7.Society for Neuroscience (USA)   

8.関西実験動物研究会 評議委員 2014 

9.日本神経化学会会員 評議委員 2011 

10.日本糖質学会会員 評議委員 2005 

全て表示する(10件)

受賞学術賞

1.水谷糖質科学振興財団  2016 国内 

2.(財)てんかん治療研究振興財団 平成18年度 国内 

3.(財)三共生命科学研究振興財団 平成14-15年度 国内 

4.千里ライフサイエンス振興財団 平成10年 国内 

5.ヒューマンフロンティア サイエンスプログラム 平成6年―8年(1994-1996) 国外 

6.エッソ石油研究助成 平成6年 国内 

全て表示する(6件)

論文

1. Introduction of a novel molecular mechanism on epilepsy progression: roles of growth hormone signaling in a mouse model of temporal lobe epilepsy.. Underlying mechanisms of epilepsy (Ed Fatima Shad Kaneez) Intech - Epilepsy / Book 6 Kato K   63-76 2011  

2. Glycobiological approach to understanding neural plasticity Trends in glycoscience and glycotechnology Kato K 19 106 97-110 2007  

3. In vivo gene transfer system by HVJ-liposome method Neuroscience Protocols 3. Kato, K   96-020-10-01-21  1996 

4. 'Gene introduction into animal tissues.' in Trends and Future Perspectives in Peptide and Protein Drug Delivery. (edited by Lee, V. H. L., Hashida, M., and Mizushima, Y.) Nakanishi, M., Ashihara, K., Senda, T., Kondo, T., Kato, K., and Mayumi, T
(edited by Lee, V. H. L., Hashida, M., and Mizushima, Y.)   337-349.  1995 

5. Introduction of Plasmid DNA and Nuclear Protein into Cells Using Erythrocyte Ghosts, Liposomes, and Sendai Virus. Methods in Enzymology Kaneda, Y., Kato, K., Nakanishi, M., and Uchida, T 221  317-327 1993  

6. ストレス性情動系障害に関わる糖・脂質関連分子メカニズムの解明 京都産業大学総合学術研究所所報 加藤啓子  第8号  2013  

7. ストレス性情動系障害に関わる糖・脂質関連分子メカニズムの解明 京都産業大学総合学術研究所所報 加藤啓子  第7号  2012  

8. ボツリヌス毒素によるてんかんの治療Application of botulinum neurotoxin in the treatment of epilepsy ―BRAIN and NERVE-神経研究の進歩― 医学書院 加藤啓子 幸田知子 小崎俊司 61  939-948 2009  

9. てんかん発症機構に関わる分子基盤の構築 Elucidation of molecular basis involved in kindling-epileptogenesis てんかん治療研究振興財団研究年報 加藤啓子 20  31-38 2009  

10. 小脳グリア細胞の分化機構—糖鎖生物学の視点からー CLINICAL NEUROSCIENCE (臨床神経科学)中外医学社 加藤啓子 平林義雄 23 2 144-147 2005  

11. てんかんモデルマウスにおける糖鎖修飾 「蛋白質 核酸 酵素」増刊号 神経糖鎖生物学 加藤啓子 49  2491-2498 2004  

12. 神経可塑性の獲得機構における分子生物学的基盤の解明 三共生命科学研究振興財団 研究報告集 加藤啓子 20  54-65 2004  

13. 神経可塑性に関わるシアル酸付加の役割の解明」を目指した神経可塑性モデルマウスの作成 シーエンス支援財団(奈良先端科学技術大学院大学支援財団) 加藤啓子 2  9 2003  

14. 細胞内注入法(I) ブレインサイエンス 加藤啓子 5 1 73-81 1994  

15. 細胞内注入法(I) ブレインサイエンス 加藤啓子 4 4 459ー466 1993  

16. HVJーリポソーム法によるB型肝炎モデル動物作成  日本臨床 加藤啓子 51  525-530 1993  

17. ライフサイエンスにおけるリポソーム -実験マニュアル- シュプリンガー フェアラーク東京 加藤啓子,中西真人   279-288 1992  

18. 細胞融合法 臨床科学 加藤啓子 29 7 872-877 1990  

19. 動物個体臓器 への遺伝子導入 代謝別冊 中西真人、加藤啓子, 近藤亨   361-365 1990  

20. Differential effects of dietary oils on emotional and cognitive behaviors PLOS ONE Kato K 10 3 e0120753 2015  

21. Sialyltransferase ST3Gal IV deletion protects against temporal lobe epilepsy J Neurochem Srimontri P, Endo S, Sakamoto T, Nakayama Y, Kurosaka A, Itohara S, Hirabayashi Y, Kato K 131  675-687 2014  

22. Infusion of growth hormone into the hippocampus induces molecular and behavioral responses in mice Exp Brain Res. Srimontri P., Hirota H., Kanno H., Okada T., Hirabayashi Y. and Kato K 232  2957-2966 2014  

23. Botulinum neurotoxin A2 reduces incidence of seizures in mouse models of temporal lobe epilepsy Toxicon Kato K, Akaike N, Kohda T, Torii Y, Goto Y, Harakawa T, Ginnaga A, Kaji R, Kozaki S 74  109-115 2013  

24. Transynaptic inhibition of spinal transmission by A2 botulinum toxin. J Physiol Akaike N, Shin MC, Wakita M, Torii Y, Harakawa T, Ginnaga A, Kato K, Kaji R, Kozaki S 591 pt4 1031-1043. 2012  

25. Type A1 but Not Type A2 Botulinum Toxin Decreases the Grip Strength of the Contralateral Foreleg Through Axonal Transport From the Toxin-Treated Foreleg of Rats J Pharmacol Sci. Torii Y, Akaike N, Harakawa T, Kato K, Sugimoto N, Goto Y, Nakahira S, Kohda T, Kozaki S, Kaji R, Ginnaga A 117  275-285 2011  

26. Compensatory Renal Growth in Uninephrectomized Immature Rats: Proliferative Activity and Epidermal Growth Factor J Vet Med Sci Okada T., Omoto-Kitao M., Mukamoto M., Nakamura J., Mino M., Kondo T., Takeshita A., Kusakabe K T., Kato K. 72 8 975-80 2010  

27. DNA microarray analysis in a mouse model for endometriosis and validation of candidate factors with human tissues J Reproductive Immunology Kusakabe K T., Abe H., Kondo T., Kato K., Okada T., Otsuki Y. 85 2 149-60 2010  

28. Distinct Role of Growth Hormone on Epilepsy Progression in a Model of Temporal Lobe Epilepsy J Neurochem Kato K, Suzuki M, Hiroki Kanno H, Sekino S, Kusakabe K, Okada T, Mori T, Yoshida K, and Hirabayashi Y 110  509-519 2009  

29. Spontaneous endometrial hyperplasia in the uteri of IL-2 receptor beta-chain transgenic mice. J Reprod Dev Kusakabe K, Kiso Y, Hondo E, Takeshita A, Kato K, Okada T, Shibata MA, Otsuki Y.  55 3 273-7 2009  

30. Increase of GQ1b in the hippocampus of mice following kindled-seizures. Neurosci Lett Kato K., Iwamori, M., and Hirabayashi Y 441  286-290 2008  

31. SerpinB6 is an inhibitor of kallikrein-8 in keratinocytes J Biochem Scott FL1, Sun J, Whisstock JC, Kato K, Bird PI 42 4 435-42 2007  

32. Distributions of glucuronyltransferases, GlcAT-P and GlcAT-S, and their target substrate, the HNK-1 carbohydrate epitope in the adult mouse brain with or without a targeted deletion of the GlcAT-P gene. Brain Res Inoue M, Kato K*, Matsuhashi H, Kizuka Y, Kawasaki T, and Oka S. 1179  1-15 2007  

33. Region-specific and epileptogenic-dependent expression of six subtypes of α2,3-sialyltransferase in the adult mouse brain. J Neurochem Matsuhashi, H., Horii Y., and Kato, K 84  53-66 2003  

34. Distribution of serine proteinase inhibitor, clade B, member 6 (Serpinb6) in the adult mouse brain Gene Expression Patterns, Kishi T., Matsuhashi H., Bird, P. I., and Kato, K. 1  175-180 2002  

35. Role of loop structures of neuropsin in activity of serine protease and regulated secretion. J Biol Chem Oka T., Hakoshima, T., Itakura, M., Yamamori, S.,Takahashi, M.,Hashimoto, Y.,Shiosaka S., and Kato K. 277  14724-14730 2002  

36. Extracellular serine protease neuropsin (KLK8) modulates neurite outgrowth and fasciculation of mouse hippocampal neurons in culture. Neurosci. Lett, Oka, T., Akisada, M., Okabe, A., Sakurai, K., and Shiosaka, S., and Kato, K 321  141-144 2002  

37. Serine proteinase inhibitor 3 and murinoglobulin I are potent inhibitors of neuropsin in adult mouse brain J Biol Chem Kato, K., Kishi, T., Kamachi T., Akisada, M., Oka, T., Midorikawa, R., Takio, K., Dohmae, N., Bird, P. I., Sun, J., Scott, F., Miyake, Y., Yamamoto, K., Machida, A., Tanaka, T., Matsumoto, K., Shibata, M., and Shiosaka, S 276  14562-14571 2001  

38. Differential expression of mRNAs for sialyltransferase isoenzymes induced in the hippocampus of mouse following kindled-seizures. J Neurochem Okabe, A., Tawara, Y., Masa, T., Oka, T., Machida, A., Tanaka, T., Matsuhashi, H., Shiosaka, S., and Kato, K. 77  1-14 2001  

39. Dendritic aberrations in the hippocampal granular layer and the amygdalohippocampal area following kindled-seizures Brain Res Kato, K., Masa, T., Tawara, Y., Kobayashi, K., Oka, T., Okabe, A., and Shiosaka, S. 901  281-95 2001  

40. Abnormalities of synapses and neurons in the hippocampus of neuropsin-deficient mice. Mol Cell Neurosci Hirata, A., Yoshisa, S., Inoue, N., Matsumoto, K., Ninomiya, A., Tanihuchi, M., Matsuyama, T., Kato, K., Iizawa, H., Kataoka, Y., Yoshida, N., and Shiosaka, S 17  600-610 2001  

41. Neuropsin regulates an early phase of schaffer-collateral long-term potentiation in the murine hippocampus. Eur J Neurosci, Komai, S., Matsuyama, T., Matsumoto, K., Kato, K., Kobayashi, M., Imamura, K., Yoshida, S., Ugawa, S., and Shiosaka, S 12  1479-86 2000  

42. Crystal structure of neuropsin, a hippocampal protease involved in kindling epileptogenesis. J Biol Chem Kishi, T., Kato, M., Shimizu, T., Kato, K., Matsumoto, K., Yoshida, S., Shiosaka, S., and Hakoshima, T. 274  4220-4224 1999  

43. Characterization of a novel monoclonal antibody that senses nitric oxide-dependent activation of soluble guanylate cyclase FEBS Letters Tsuyama, S., Yamazaki, E., Tomita, T., Ihara, H., Takenaka, S., Kato, K., and Kozaki, S. 455  291-294 1999  

44. Characterization of recombinant and brain neuropsin, a plasticity-related serine protease J Biol Chem Shimizu, C., Yoshida, S., Shibata, M., Kato, K., Momota, Y., Matsumoto, K., Shiosaka T., Midorikawa, R., Kamachi, T., Kawabe, A., and Shiosaka, S. 273  11189-11196 1998  

45. Expression of neuropsin in the keratinizing epithelial tissue-immunohistochemical analysis of wild-type and nude mice. J Invest Dermatol, Inoue, N., Kuwae, K., Ishida-Yamamoto, A., Iizuka, H., Shibata, M., Yoshida, S., Kato, K., and Shiosaka, S. 110  923-931. 1998  

46. Blockade of neuropsin, a serine protease, ameliorate kindling epilepsy. Eur J Neurosci Momota,Y., Yoshida,S., Ito,J., Shibata,M., Kato,K., Sakurai,K., Mastsumoto,K., and Shiosaka,S. 10  760-764 1998  

47. Expression of neuropsin mRNA in the mouse embryo and the pregnant uterus. J Histochem Cytochem Chen,Z-L., Momota,Y., Kato,K., Taniguchi,M., Inoue, N., Shiosaka, S., and Yoshida, S 46 3 313-320 1998  

48. Heterogeneous expression of multiple putative patterning genes by single cells from the chick hindbrain. Dev Biol, Kato, K., O'Dowd, D. K., Fraser, S. E., and Smith, M.A 191  259-269 1997  

49. Crystallization and preliminary X-ray analysis of neuropsin, a serine protease expressed in the limbic system of mouse brain. J Struc Biol Kishi,T., Kato,M., Shimizu,T., Kato,K., Matsumoto,K., Yoshida,S., Shiosaka,S., and Hakoshima,T. 118  248-251 1997  

50. Expression and activity-dependent changes of a novel limbic-serine protease gene in the hippocampus. J Neurosci, Chen, Z-L., Yoshida, S., Kato, K., Momota, Y., Suzuki, J., Tanaka, T., Ito, J., Nishino, H., Aimoto, S., Kiyama, H., and Shiosaka, S. 15  5088-5097. 1995  

51. Ontogeny of neuropsin mRNA expression in the mouse brain. Neurosci Res Suzuki, J., Yoshida, S., Chen, Z-L., Momota, Y., Kato, K., Hirata, A., and Shiosaka, S. 23  345-351 1995  

52. Gene transfer and the expression of a foreign gene in vivo hemammlutinating virus of the Japan-liposome method. Mol Brain Res Kato, K., Yoneda, Y., Okada, Y., Kiyama, H., and Shiosaka, S. 25  359-363 1994  

53. Basal magnocellular and pontine cholinergic neurons co-express FGF receptor mRNA. Neurosci Res Yoshida, S., Lin, L-P., Chen, Z-L., Momota, Y., Kato, K., Tanaka, T., Wanaka, A., and Shiosaka, S. 20 1 35-42 1994  

54. Electron microscopic observation of bFGF immunoreactivity in the hippocampus. Med J Osaka Univ Sun, G., Lin, L. P., Chen, S. L., Yoshida, S., Kato, K., Suzuki, J., Momota, Y., Shiosaka, S., and Tohyama, M 43  1-8 1994  

55. Use of the Hemagglutinating Virus of Japan (HVJ)-liposome Method for Analysis of Infiltrating Lymphocytes Induced by Hepatitis B Virus Gene Expression in Liver Tissue Biochim. Biophys Acta Kato, K., Dohi Y., Yoneda Y., Yamamura, K., Okada, Y, and Nakanishi, M. 1182  283-290 1993  

56. Direct In Vivo Gene Introduction into Rat Kidney. Biochem Biophys Res Commun Tomita, N., Higaki, J., Morishita, R., Kato, K., Mikami, H., Kaneda, Y., and Ogihara, T. 186  129-134 1992  

57. Direct Injection of Hepatitis B Virus DNA into Liver Induced Hepatitis in Adult rats. J Biol Chem, Kato, K., Kaneda, Y., Sakurai, M., Nakanishi, M., and Okada, Y. 266  22071-22074 1991  

58. Expression of hepatitis B virus surface antigen in adult rat liver. Co-introduction of DNA and nuclear protein by a simplified liposome method. J Biol Chem Kato, K., Nakanishi, M., Kaneda, Y., Uchida, T., and Okada, Y 266  3361-3364 1991  

59. Production of Moclonal Antibody against Aeromonas hydophila Haemolysin. J Med Microbiol Kozaki, S., Kato, K., Kurokawa, A., Kamata, Y., Asao, T., and Sakaguchi, G. 25  187-190 1988  

60. Activities of Aeromonas hydophila Hemolysins and Their Interaction with Erythrocyte Membranes. Infect Immun Kozaki, S., Kato, K., Asao, T., Kamata, Y., and Sakaguchi, G 55  1594-1599 1987  

61. Enzyme-linked Immunosorbent Assay for Aeromonas hydrophila Hemolysins. FEMS Microbiol. Letters Kozaki, S., Kurokawa, A., Asao, T., Kato, K., Uemura, T., and Sakaguchi, G 41  147-151 1987  

62. Purification and Some Properties of Two Hemolysins from Strains of Aeromonas hydrophila. Japan. J Med Sci Biol, Asao, T., Kozaki, S., Kato, K., Kinoshita, Y., Otsu, K., Uemura, T., and Sakaguchi, G. 39  217-218 1986  

63. Purification and Characterization of an Aeromonas hydrophila Hemolysin J Clin Microbiol, Asao, T., Kozaki, S., Kato, K., Kinoshita, Y., Otsu, K., Uemura, T., and Sakaguchi, G 24  228-232 1986  

全て表示する(63件)

著書

 CNS & Neurological Disorders - Drug Targets Glycobiological approach to neurological disorders vol5(4) p373-479. Bentham Science Publishers, Pennington,NJ, USA 2006  
 

発表(口頭・ポスター)

1.食餌中の油に反応するうつ,不安障害モデルマウス(Dietary oils and anxiety- and depression-related model mice) イノベーション・ジャパン2015‐大学見本市, 東京ビッグサイト 西1ホール
 2015 8 口頭発表 

2.POSSIBILITY THAT ST3GAL IV DEFICIENT MOUSE IS A SCHIZOPHRENIA MODEL Glyco23 NEUROGLYCOSCIENCE, Croatia, Split.  2015 9 ポスター 

3.SIALYLTRANSFERASE ST3GAL IV DELETION PROTECTS AGAINST EPILEPSY, BUT INDUCES ANXIETY Glyco23 NEUROGLYCOSCIENCE, Croatia, Split.  2015 9 口頭発表 

4.モデルマウスを利用した治療薬スクリーニング 第24回特定非営利活動法人 近畿バイオインダストリー振興会議 技術シーズ公開会 2010 08 口頭発表 

5.シアル酸転移酵素遺伝子欠損に基づくストレス性情動系障害モデルマウスの確立 第108回 関西実験動物研究会 2010 12 口頭発表 

6.ストレス障害を緩和する食品・治療薬の開発 「京都発未来創造型産業創出連携拠点」 大学シーズ説明発表会 2011 02 口頭発表 

7.てんかん〜うつ・不安障害の発症に関わるシアル酸転移酵素について 第142回関西実験動物研究会 2014 12 口頭発表 

8.神経可塑性の不思議と神経精神疾患との関連性 武庫川女子大学 みだしの会 2013 10 口頭発表 

9.情動行動への油脂摂食効果について 第156回日本獣医学会学術集会 2013 09 口頭発表 

10.Impaired limbic system in alpha 2,3-sialyltransferase (ST3Gal IV) deficient mice. AFLAS meeting Bangkok 2012 2012 10 ポスター 

11.モデルマウスを利用した食品・治療薬スクリーニング法 イノベーション・ジャパン2012 2012 09 口頭発表 

12.てんかん及び,情動行動への脳内成長ホルモンシグナル系関与 第54回日本神経化学学会 2011 09 口頭発表 

13.「モデルマウスを利用した食品・治療薬スクリーニング法」 次世代医療システム産業化フォーラム 2011 09 口頭発表 

14.てんかん及び,情動行動における脳内成長ホルモンシグナル系の関与について 第152回日本獣医学会 2011 09 口頭発表 

15.ストレス障害を緩和する食品・治療薬の開発 第3回創薬シーズ相談会 「バイオスプリングボード関西」 2011 06 口頭発表 

16.Progression of epilepsy and anxiety via brain growth hormone signaling.( てんかんおよび不安障害誘導への脳成長ホルモンシグナル系の関与) Neuro2010 2010 09 ポスター 

17.Perinatal abnormality of alpha 2,3-sialyltransferase (ST3Gal IV) gene-deficient mice 第25回国際糖質シンポジウム 2010 08 ポスター 

18.Application of A2NTX in the treatment of refractory epilepsy (抗難治性てんかん剤としてのA2NTXの開発) 生理学会 87th Annual Meeting of the Physiological Society of Japan 2010 05 口頭発表 

19.側頭葉てんかんモデル(扁桃体キンドリング)マウスと成長ホルモン・海馬注入マウスにおける遺伝子発現比較と行動学的解析 第57回日本実験動物学会総会 2010 05 口頭発表 

20.てんかん発症過程に関わる成長ホルモンの役割 関西実験動物研究会 第104回研究会 2009 12 口頭発表 

21.成長ホルモンによる脳内神経様幹細胞の増殖誘導について 生化学会 2009 10 口頭発表 

22.成長ホルモンによる脳内神経様幹細胞の増殖誘導について 第148回日本獣医学会 2009 09 口頭発表 

23.てんかん及びうつ病の治療薬スクリーニング法の開発 大阪府立大学/大阪市立大学 新技術説明会 2009 07 口頭発表 

24.側頭葉てんかんモデル(扁桃体キンドリング)マウスにおけるてんかん発症に関わる成長ホルモンの役割 第56回日本実験動物学会 2009 05 口頭発表 

25.シアル酸転移酵素(ST3Gal IV)遺伝子欠損が与える中枢への影響について 第147回日本獣医学会 2009 04 ポスター 

26.シアル酸転移酵素(ST3Gal IV)遺伝子欠損が与える中枢への影響について 第 28回 日本糖質学会 2008 08 口頭発表 

27.扁桃体キンドリングマウスのてんかん発作誘導時における成長ホルモンの関与 Role of growth hormone on epileptogenesis in a model of temporal lobe epilepsy 第31回日本神経科学大会 / Neuroscience2008 2008 07 口頭発表 

28.慢性神経疾患モデルマウスを用いた生体リズム評価システムの構築 Biological rhythm evaluation system with chronic neurological disease model mice 平成20年度 第7回国際バイオフォーラム 2008 07 口頭発表 

29.てんかん誘導に連動した発現上昇を示す分子の脳内の役割について 浜松医大セミナー 2008 05 口頭発表 

30.シアル酸転移酵素(ST3Gal IV)遺伝子欠損マウスにおける神経機能における解析(Analysis of brain function on the adult mouse with ST3Gal IV deficiency) BMB2007 2007 12 口頭発表 

31.脳内における薬剤効果の査定方法の開発と応用 BioJapan2007 2007 09 ポスター 

32.神経機能におけるシアル酸転移酵素(ST3Gal IV)遺伝子欠損の影響 第27回日本糖質学会 2007 08 口頭発表 

33.「てんかん等の脳疾患とモデル動物」 第6回大阪府立大学獣医学専攻・大阪府立成人病センター 2007 06 口頭発表 

34.Increase of GQ1b gangliosides in the adult mouse hippocampus following kindled-seizures Glyco2004 2004 11 口頭発表 

35.神経可塑性獲得に連動したポリシアル酸化ガングリオシドの増加Increase of polysialylation on gangliosides following kindled-seizures 第77回日本生化学会 2004 09 口頭発表 

36.神経可塑性に関わるシアル酸付加の役割 Effect of sialylation on acquiring neural plasticity. Neuro2004 (第27回日本神経科学会・第47回日本神経化学会 合同大会) 2004 09 口頭発表 

37.てんかん獲得過程に連動したポリシアル酸化ガングリオシドの増加 第138回日本獣医学会学術集会 2004 09 口頭発表 

38.A-2 脳内物質の回収装置 近畿バイオ第12回「技術シーズ公開会」 2004 09 ポスター 

39.Region-specific and epileptogenic-dependent expression of 2,3-sialyltransferase in the adult mouse brain. The 5th SLB-KRIBB-NAIST Joint Symposium 2003 11 口頭発表 

40.Region-specific and epileptogenic-dependent expression of 2,3-sialyltransferase in the adult mouse brain. Annual Conference of the Society for Glycobiology 2003 2003 12 口頭発表 

41.てんかん獲得過程に連動したα2、3-シアル酸転移酵素(ST3Gal IV)の発現変動について 第136回日本獣医学会 2003 10 口頭発表 

42.Neural plasticity-dependent increase of 2,3-sialyltransferase end-product in the adult mouse brain. 第76回日本生化学会 2003 10 口頭発表 

43.Different patterns of induction of α-2,3-sialyltransferase mRNAs during kindling epileptogenesis in the mouse. Society for Neuroscience 32nd annual meeting 2002 11 口頭発表 

44.Distribution of six subtypes of alpha2,3-sialyltransferase mRNAs in the adult mouse brain w/o stimulation. GlycoT2002 2002 09 口頭発表 

45.2,3-シアル酸転移酵素の脳内分布とてんかん形成過程に連動する発現変動 第25回神経科学会 2002 07 口頭発表 

46.てんかんモデルマウス脳・海馬における樹状突起形態変化とシアル酸転移酵素遺伝子発現の変導について 第132回日本獣医学会 2001 10 口頭発表 

47.Differential expression of mRNAs for sialyltransferase isoenzymes induced in the hippocampus of mouse following kindled-seizures.  GLYCO XVI 2001  2001 08 ポスター 

48.神経の可塑的変化に連動したポリシアル酸鎖転移酵素mRNAの発現減少 第43回 FCCAフォーラム,第22回 日本糖質学会サテライトシンポジウム 2001 07 口頭発表 

49.神経の可塑的変化に連動する糖鎖付加の検索 第46回神経懇話会 2001 05 口頭発表 

50.神経の可塑的変化に関わる候補因子の検索 -神経可塑性関連プロテアーゼ・ニューロプシンの特異的インヒビターの同定と、シアル酸付加が神経の可塑的変化に関与する可能性の呈示- 大阪大学微生物病研究所公開セミナー  2001 04 口頭発表 

51.神経可塑性モデルマウス。海馬におけるシアル酸転移酵素遺伝子発現変動 第73回生化学会 2000 8  

52.キンドリング刺激によるてんかん発作獲得後に観察される
一次樹状突起の肥大について 第105回日本解剖学会 2000 3  

53.初代培養海馬神経細胞へのニューロプシンの影響 第22回神経科学会 1999 7  

54.神経可塑性関連セリンプロテアーゼ・ニューロプシン の糖鎖付加が与える細胞内輸送と酵素活性への影響 第21回日本神経科学・第41回日本神経化学合同大会 1998 9  

55.Characterization of neuropsin; serine-protease expressing in a limbic system Third Congress of the Asian-Pacific Organization for Cell Biology. 1998   

56.大脳辺縁系に特異的発現を示すニューロプシンによる海馬神経細胞・グリア細胞への影響 第20回神経科学会 1997   

57.Structural changes of hippocampus neuronal cells and glia cells by neuropsin; novel limbic-serine protease The 22nd seiriken conference; under the membrane signal transduction & integration 1997   

58.Gene Transfer and the Expression of an Exogenous Gene in vivo using the Hemagglutinating Virus of Japan-Liposome 25th Annunal meeting in society for neuroscience. 1995   

59.成熟ラットの中枢性神経核内への外来遺伝子の導入とその発現。 第99回 日本解剖学会  1994   

60.動物組織内への遺伝子の導入法の開発とその応用。~B型肝炎ウイルスモデル動物作製~ 第45回 日本細胞生物学会 1992   

61.動物組織内への遺伝子の導入法の開発とその応用。~B型肝炎ウイルスモデル動物作製~ 第14回 日本分子生物学会 1991   

62.肝臓内へのB型肝炎ウイルス表面抗原遺伝子の直接導入によるCTL免疫応答と肝炎発症 第21回 日本免疫学会 1991  口頭発表 

63.動物組織内への遺伝子導入法の開発とその応用。~B型肝炎ウイルスモデル動物作製~ 第44回 日本細胞生物学会 1991  口頭発表 

64.成育ラット肝臓内へのB型肝炎ウイルス表面抗原遺伝子の直接導入による肝炎の発症。 第64回 日本生化学会 1991  口頭発表 

65.動物組織内への遺伝子導入法の開発とその応用 第13回 日本分子生物学会 1990  口頭発表 

66.リポソームとHVJを利用した遺伝子導入法の開発と動物組織での発現 第63回 日本生化学会 1990  口頭発表 

67.Aeromonas hydrophila の産生するヘモリジンのリン脂質への結合について 第103回 日本獣医学会 1987  口頭発表 

68.Aeromonas hydrophila の産生するヘモリジンの活性に及ぼす温度とイオンの影響 第39回 日本細菌学会支部総会 1986  口頭発表 

69.ヘモリジンの溶血機構について 第101回 日本獣医学会 1986  口頭発表 

70.Aeromonas hydrophila ヘモリジンの性状について 第38回 日本細菌学会支部総会 1985  口頭発表 

全て表示する(70件)

1.シーズ集を開く