研究者データベースシステム ( お問い合わせは,研究機構・研究支援担当まで )
 
 

研究者情報

 

基本情報

 
研究者名(漢字)
河原地 英武
 
研究者名(カナ)
カワラジ ヒデタケ
 
研究者名(ローマ字)
KAWARAJI HIDETAKE
 
連絡先・電話番号
075-705-1676
 
メールアドレス(問合せ用)
kawaraji@cc.kyoto-su.ac.jp
 
 

研究者基礎データ

 

研究職歴

世界問題研究所研究員
 

所属部署名

京都産業大学 外国語学部
 

職名

助教授 
 

出身大学院

慶應義塾大学  法学研究科  
 

出身学校

東京外国語大学  外国語学部  
 

研究分野・キーワード

ロシア、ソ連、極東、日中戦争、日ロ関係、日ソ関係
 

研究テーマ

1.ロシアの欧州政策 ロシアとEU、ウクライナ、アメリカの関係を分析・研究。 政治学     

2.ロシアの極東政策 現代ロシアの日本、中国、朝鮮半島に対する退学政策を研究。 政治学     

全て表示する(2件)

 

研究者活動データ

 

取得学位名

国際学修士   
 

学会

日本国際政治学会
外交フォーラム   
 

論文

1. 「くさび打ち込む英知も必要――中ロ関係の深まりと日本の外交――」 『改革者』 河原地英武  2014年8月号 22ページ~25ページ 2014年  

2. 「日露関係の過去と展望」 『海外事情』 河原地英武 第62巻 第6号 76ページ~88ページ 2014年  

3. 「日中開戦前後のソ連外交――ロシア(旧ソ連)公文書を中心に――」 『京都産業大学 世界問題研究所紀要』 河原地英武 第28巻  241ページ~267ページ 2013年  

4. エリツィン政権の展望 民主主義研究会紀要  1/22,49-61   1993  

5. ゴルバチョフ政権の欧州政策 京都産業大学論集  23/3,1-48   1993  

6. ソ連外交の理論的基盤 地域研究  5   1988  

7. シェワルナゼ外相辞任演説の再考-「独裁」が意味するもの- 京都産業大学論集  21/2   1991  

8. ソ連のアジア安保構想と日本 東亜  289   1991  

9. 解放と革命-朝鮮民主主義人民共和国の成立過程- アジア経済研究所     1990  

全て表示する(9件)

著書

1. 「第8章 ロシアと現代国際関係」坂井一成編『新版 グローバリゼーション国際関係論』 芦書房 2014年  

2. 「第2章 プーチン時代のロシア」木村雅昭・中谷真憲編著『覇権以後の世界秩序――海図なき時代と日本の明日――』 ミネルヴァ書房 2012年  

3. 「第10章 ロシアにおける二頭体制と民主化の行方」吉川洋子編『民主化過程の選挙――地域研究からみた政党・候補者・有権者――』 行路社 2010年  

4. 「第6章 ロシアにおけるデモクラシーの現実と可能性」永松雄彦・萬田悦生編『変貌する冷戦後の世界――ヨーロッパのリベラル・デモクラシー――』 春風社 2010年  

5. エリツィン政権の展望 民主主義研究会紀要 1993  

6. ゴルバチョフ政権の欧州政策 京都産業大学論集 1993  

7. ソ連外交の理論的基盤 地域研究 1988  

8. シェワルナゼ外相辞任演説の再考-「独裁」が意味するもの- 京都産業大学論集 1991  

9. ソ連のアジア安保構想と日本 東亜 1991  

10. 解放と革命-朝鮮民主主義人民共和国の成立過程- アジア経済研究所 1990  

全て表示する(10件)

発表(口頭・ポスター)

朝鮮戦争とスターリン 軍事史学会 2000